[どろろ」アニメ14話の感想をネタバレでご紹介!どろろらしい妖怪ストーリーが目玉です!

アニメ「どろろ」2期が始まり、どろろの展開もかなり深まってきました。

前回大きな伏線として注目していた「どろろの背中に浮かび上がた地図」は今回のストーリーで明らかにされるのでしょうか。

どろろにとって、かなり重要なキーワードになると思いますので気になりますよね。

醍醐家との因縁から少し離れ旅を続けるどろろと百鬼丸は、どろろの背中の地図で何かが変わるのでしょうか。

温泉で一息つくどろろと百鬼丸。

温泉での2人は良いですね~。

それではアニメ「どろろ」14話をネタバレを交えてご紹介していきます。意外な展開にハラハラですよ!

スポンサーリンク

アニメどろろ14話「鯖目の巻」

どろろの両親、火袋とお自夜。

火袋はかつて仲間だったイタチに裏切られ足に大けがを負った。

大ケガを負い、すでに望みを叶えることができない火袋は侍から集めた金、力のない農民たちが立ちあがるための大切な金、これだけは無駄にはできないとお自夜に言います。

「必ずどろろに伝えてやってくれ。俺たちが何のために戦い続けるのか」

自分の身に何かあったときのために火袋はお自夜に金の隠し場所を教えようとしますが、お自夜は自分がお金のありかを知ってしまったら使ってしまうから、どろろのために使ってしまうからと金のありかをあえて聞きません。

そしてお自夜は自分の背中に金のありかを記すように言います。火袋の大願は自分が背負っていく・・半分は・・・。

その視線はどろろの方へと向いてるのです。

スポンサーリンク

温泉と地図

引用:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1953&unique=story&categories=48

温泉につかり背中に地図が浮かび上がってきたどろろは偶然温泉に療養しに来ていた琵琶丸に詳しく地図の事を聞きます。

「なるほどねぇ、あったまると浮かび上がってくるすんぽうかい」

今まであったかい温泉につかったことのないどろろは、温泉に初めて入り自分の秘密を知ります。琵琶丸はその地図の詳細がなんとなく理解できたようで(目が見えないような・・)、その背中の地図はかなりの価値がある様子。

 

どろろはずっと昔、母であるお自夜の言葉を思いだします。

どろろと同じように背中に模様のあるお自夜は背中を見せどろろに言います。

「いいかいどろろ。これはお父ちゃんの命がけの願いなんだ。お前が受け継いで守っていくんだよ」

大切なものを母から受け継いだどろろは、心から信じることができる相手が来たらわかるといいます。

 

「良かったじゃないか。これでお前さんたちの選択肢が増えた」

どろろの背中にある地図は火袋の埋蔵金のありかを示していると気づいた琵琶丸は、どろろと百鬼丸に新たな選択肢が増えたことを教えます。それは埋蔵金で悠々自適に生活すること。

お金があれば食うものに困らない、心が広くなる。

お前さんたちが鬼神を何体か倒しても世の中は変わらないよ。

体を取り戻して醍醐の国を滅ぼしたいなら別だがね。

琵琶丸は突きつけられる現実をどろろと百鬼丸へ告げます。

 

いくら遊んでいけるお金があったとしても百鬼丸は決して幸せにはなれませんよね。

しかし、体を取り戻しても醍醐の国は滅ぶ。

百鬼丸が体を取り戻すことで起こる現実。選択肢はあるようでないのかもしれません。

 

琵琶丸の話を聞いて不安になるどろろ、百鬼丸へ鬼神を倒して体を全部倒した後どうするか聞くのですが、答えのない百鬼丸にどろろは不安になります。

父と母の思いをどうしたらよいのか・・。

悩むどろろですが、前方を見るとはるか先を行く百鬼丸。

「たまには俺の話も聞けー」

どろろの悲しい叫びがこだまします。

モノノケ

引用:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1953&unique=story&categories=48

ひとり先へと行くひ百鬼丸を追い、森の中へと行くと百鬼丸が怪しい雰囲気を感じ取ります。

こうてくだされ・・・

怪しい声と共に、さびれた女とでかい子供のモノノケが現れるのです。女のモノノケは何か訴えているようで、子供のモノノケを置いて消えていきいます。

残された子供のモノノケはどろろになついてしまい、大きな体格でどろろにおんぶを求めてくる始末。モノノケになつかれたどろろは、おんぶというよりも吊し上げられたような態勢になります。

引用:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1953&unique=story&categories=48

どろろから離れようとはしないモノノケ。

百鬼丸とモノノケになつかれたどろろは森を進むことになり、行く先で朽ちた寺を見つけます。

モノノケはそこの朽ちた寺で「まんま」「おしっこ」とどろろを翻弄します。

そんなどろろとモノノケがワイワイしている時、百鬼丸の前に森で会ったもう一人のモノノケが現れます。

現れたモノノケは地面を指さして何やら訴えています。

百鬼丸が近くに行くとモノノケは消えてしまいますが、そこにあるのは油のシミ

その寺は火事にあった様子で、よくよく見てみると油で火をつけた形跡があり、何やら怪しい気配がします。

モノノケとこの寺には何やら因縁がありそうです。ここで何かあったのか、寺が焼け落ちたのは何故なのか、モノノケと寺の関係が気になりますよね。

その時現れたのはこの地を収める鯖目という男。

「ここは危ない。あやかしが出るのでな。」

鯖目は自分の治める地で何事があっては嫌だと百鬼丸とどろろを自分の屋敷へ招きます。

スポンサーリンク

鯖目の屋敷

引用:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1953&unique=story&categories=48

鯖目の後を追い、屋敷へ向かう百鬼丸とどろろ。

どろろは鯖目の怪しい雰囲気から心配になります。バケモノじゃないんだよな、どろろは鯖目を怪しがります。

「けど、匂う・・。」

怪しさ満載の鯖目、百鬼丸に見える魂の色はどうやら怪しい魂の色。

確かにここまで見た目も雰囲気も怪しければ何かあると思うのが普通の感覚、魂の色を見分けるまでもなく怪しいですよね。モノノケではないにしろ、醍醐景光と同じような感覚ではないのでしょうか。

屋敷ではたくさんの料理にもてなされるどろろと百鬼丸。

見知らずのどろろと百鬼丸にごちそうしてくれた鯖目、鯖目はこの地を出て旅に出ることができないので、旅の者の面白い話を聞くことが楽しみだといいます。そのお礼で2人にご馳走してくれたとのこと。

鯖目は旅の者から面白い話を聞くことが楽しみといいますが、どろろはさっきの寺の焼け跡にいたモノノケの事を教えます。

雰囲気が一変する屋敷の中、鯖目は寺での事を語りだします。

かつてそこには尼寺があり、そこの住職は近隣の村から身寄りのない子どもを集め育てていたというのですが、その理由が最悪です。住職に引き取られた子供たちは人権はなく動物のように働かせ、いう事を聞かないと激しい体罰をする始末。そうして何年か過ごすと売り飛ばしてしまう酷い住職だったそうです。

そんな住職に天罰が下ります。ある雨の日、雷が尼寺に落ちて火事となり焼け落ちてしまいます。住職も子供たちも皆、焼け落ちてしまい、あやかしは住職のなれの姿。

鬼神

引用:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1953&unique=story&categories=48

どろろと百鬼丸は鯖目の屋敷に逗留させてもらう事になり、2人は同じ部屋で休みます。

先ほどの鯖目の話、どろろはどうも怪しいと感じている様子で百鬼丸も同じように感じていのです。

女の霊や雷で寺が焼けたなど鯖目の話をどうも鵜呑みにできないどろろと百鬼丸。

尼寺にあった油の跡はどう見ても付け火の跡。

鯖目へ対する不安は募ります。

 

夜中に目が覚めるどろろ、目を開けるとそこにいたのは芋虫のモノノケ。

百鬼丸は襲ってくるモノノケを難なく倒すのですが、とどめを刺そうとしたその時現れたのは蛾のようなモノノケ。蛾のようなモノノケは体から鱗粉のような粉を発し百鬼丸を足止めし、芋虫のモノノケを助け出しその場を離れていきます。

相手は空を飛ぶモノノケ、百鬼丸が簡単に追いつくことは出来ません。

「あれは鬼神だ」

スポンサーリンク

まとめ

前回からの流れで判明したどろろの背中にある地図。どうやらどろろの父・火袋が残した埋蔵金のありかを示しているようです。意外な地図が見つかった前回と今回ですが、物語はそこではなく鯖目という怪しい男の話となりました。

個人的には、このまま地図を元に埋蔵金を探しに行ってほしかったです。どろろが埋蔵金を手にして豪遊する、なんて展開もありかもですね(*’ω’*)

とは言いつつも、今回の鯖目の巻は面白かったです。どろろらしいモノノケたちの登場やあからさまに怪しい鯖目は妖怪アニメであることを再確認できました。芋虫のモノノケをやっつけるシーンは気持ち悪いですよ~。ぶしゃーと芋虫の体液が・・。

今回は鬼神も登場し、百鬼丸は体を取り戻しそうな展開でもあります。

しかし、百鬼丸は琵琶丸に言われたことをどのように捉えているのでしょうか。他を滅ぼしてまで体を取り戻すのか、鯖目の地での百鬼丸の行動には注目です。

体を取り戻して醍醐の国を滅ぼす

難しい問題ではあります。百鬼丸の選択はいかに?

それでは、ここまでお読みくださりありがとうございました。

次回15話でお会いしましょう!

 

アイキャッチ画像引用元:https://dororo-anime.com/story_detail.html?id=1953&unique=story&categories=48

スポンサーリンク