「悪魔の弁護人」子役が気になる!御子柴の子供時代は誰が演じた?

多くの話題作を連発し続けているオトナの土ドラ、2020年12月7日からも新たなドラマがスタートして話題になっています。

そのドラマは要潤さん主演で紡がれる「悪魔の弁護人 御子柴礼司ー贖罪の奏鳴曲ー」なのです!

今回も目を引く設定と、1話からのショッキングな展開はこれまでの土ドラ以上の期待ができます。

そんな中、主演の要潤さん演じる御子柴礼司の子供時代を演じた子役に注目が集まっています。

そこで今回は御子柴礼司の子供時代を演じた子役について見ていきましょう。迫真の演技で存在感を発揮する彼は何者なのか、その正体に期待が膨らむはずです。

スポンサーリンク

「悪魔の弁護人」御子柴礼司の子供時代の子役は誰?

子供時代の御子柴礼司は何か事件に関わっているらしく、暗くどんよりとした雰囲気を漂わせています。

凶器を持ち、横たわる一人の少女を暗闇の中で見下ろす姿は、こちらに何かを訴えかける力があります。

そんな迫力ある演技を披露する子役ですが、大西 利空(おおにし りく)さんといます。

大西利空さんは2006年から俳優として活躍している子役で、これまで子役ながら多くの作品に出演している、将来に大きな期待がかかる俳優なのです。

そもそも大西利空君が芸能界デビューしたのは2006年生後5か月の時!

これはかなり早い時期に芸能化デビューしていますね。さすがに赤ちゃんの時からですので、自分の意思で芸能界を目指したわけではないと思いますが・・・。今の活躍を観ると、ピッタリな道を歩んでいるのではないでしょうか。

芸能界デビューした当初はテアトルアカデミーに所属していました。テアトルアカデミーは全国数か所に校舎を持っている芸能学院で、年齢によって「「赤ちゃん部門」「子ども部門」「幼稚部」「児童部」「中等部」などに分かれています。しかもテアトルアカデミーへ入学するにはオーディションを合格する必要があり、そこですでに芸能界で通用するかふるいにかけられるのです。

もちろん大西利空さんもオーディションを勝ち抜き今の活躍を魅せていますので、デビュー時から才能の片理がうかがえたのではないでしょうか。

テアトルアカデミーで活躍していた大西利空さんですが、2019年からはトップコート所属へ活躍の場を移しています。トップコートは多くの有名俳優が名を連ねる事務所で、木村佳乃さんや中村倫也さん、杏さんに松坂桃李さん菅田将暉さんなどドラマ映画に欠かせない俳優が所属しています。

そんな大手事務所に所属する大西利空さん、これからの活躍に期待しかありませんね。

スポンサーリンク

「悪魔の弁護人」出演子役の大西利空の活躍がスゴイ!


これまで大西利空さんが出演した作品はどれほどあるのか。

生後5か月で芸能界デビューいていますので、何かしらの作品で目撃している可能性がありますよね。

そこで、大西利空さんが出演した作品をまとめました。

大西利空出演ドラマ

出演作品が相当数に上りますので2018年以降に出演した作品をご紹介します。

・トドメの接吻/堂島旺太郎(幼少期)役
・FINAL CUT チェインストーリー/野田大地(幼少期)役
・御茶ノ水ロック/片山亮(幼少期)役
・アガサクリスティー2夜連続ドラマスペシャル/松田松虫(幼少期)役
・シグナル 長期未解決事件捜査班/三枝健人 役
・鳴門秘帖 第1回/弦之丞(少年期)役
・トーキョーエイリアンブラザーズ 第8話/兄 役
・昭和元禄落語心中/有楽亭八雲(幼少期)役
・僕とシッポと神楽坂/高円寺達也(少年期)役
・コールドケース2 〜真実の扉〜 第4話/兄 役
・I”s(アイズ) 第1話・第2話/瀬戸一貴(幼少期)役
・二つの祖国/賢治(少年期)役
・水戸黄門 第3話/市太 役
・悪魔の弁護人/園部信一郎 役

ちなみに、大西利空さんが初主演したドラマは2011年に日本テレビで放送された「ドン・キホーテ」です。この作品は松田翔太さんと高橋克実さんのW主演で放送されたドラマで、大西利空さんは第9話で登場します。

もちろん子役での出演で、この時5歳。演技初挑戦ということですが、父子家庭の3姉弟役での出演でした。たどたどしい演技は初々しく、高橋克実さんとや松田翔太さんとの絡みもしっかりと行えていたように感じました。

さすがに子役ということで、主役を演じることはありませんが、それでも多くの作品で重要な役を熟して、実力を養っています。

大西利空出演ドラマ出演映画

・Miss ZOMBIE/寺本健一 役
・ピカンチ/ 鴨川鉄壁 役
・悼む人/静人(幼少期)役
・金メダル男/秋田泉一(幼少期)役
・ぼくのおじさん/春山雪男 役
・イタズラなKiss THE MOVIE Part2,3 キャンパス編/木村伸宏 役
・3月のライオン 前編・後編/桐山零(幼少期) 役
・仮面ライダー×スーパー戦隊 超スーパーヒーロー大戦/霧野エイト 役
・blank13/松田コウジ(幼少期) 役
・キングダム/信(幼少期) 役
・いちごの唄/笹沢コウタ(中学生時代)役

大西利空さんのしっかり下演技を観たいのであれば、映画をお勧めします。

重要な役で出演した「僕のおじさん」では、主演の松田龍平さんとデコボココンビをほほえましい演技で魅せています。

また多くの話題作への出演も多く、斎藤工さんが監督を務めた「blank13」や内村光良さんが監督を務めた「金メダル男」など注目される作品への出演が目立ちます。

やはり主役の子役など重要な役柄は、しっかりした演技ができる子役でなければ務まらないということでしょうか。「3月のライオン」や「キングダム」などでも、主人公の子供役を演じていますので、大作で必要とされる実力を持った子役ということになりますよね。

そして2020年には大ヒット映画「るろうに剣心 最終章」で明神弥彦役が決まっています。子供時代を演じることの多かった大西利空さんが、いよいよ大作映画のメインキャラの一人を演じるのです!

本当将来が楽しみな子役ですよね(*’ω’*)

スポンサーリンク

「悪魔の弁護人」大西利空お演技は期待できる?

では、ドラマ「悪魔の弁護人」での大西利空さんの演技はいかほどでしょうか。

個人的には丁寧な演技が目を引く、しっかりした役者であると感じましたが、ネット上ではどのような意見があるのでしょうか?

そこでツイッター上での大西利空さんの評価をご紹介していきます。


大西利空さんの演技ですが、かなりの高評価が続出しています。

もちろん「悪魔の弁護人」での評価は上々ですし、以前に出演した作品でも目を引く演技を魅せています。

参考記事⇒大西利空出演ドラマ「悪魔の弁護人」見逃し配信はこちらから!

中には大西利空さんの演技で作品が持っているという評価もあり、相当期待されていることが伺えます。

「悪魔の弁護人」では御子柴礼司の子供時代を熱演していて、事件を起こし少年院で葛藤する姿を見事に演じ、御子柴少年の心の闇を上手く表現しています。確かにこの演技を観て、上手いと感じない方はほとんどいらっしゃらないと思います。

第1章では御子柴礼司の回想などでしか出番がなく、あまり大西利空さんの演技を観ることができませんでしたが、第2章では御子柴礼司の少年院時代が事件のカギとなっているようで、大西利空さんの登場がたくさんあります。

将来有望な大西利空さんはドラマ「悪魔の弁護人」でどれほど素敵な演技を披露してくれるのか、本当に楽しみですね。

スポンサーリンク

まとめ

今回はドラマ「悪魔の弁護人」に出演している子役の大西利空さんについて見てきました。

大西利空さんは生後5か月で芸能界デビューした、すでに芸歴10年を超える俳優で、これまで多くの作品に出演しています。見事な演技力はこれまで培われた経験に基づいたものが分かりました。

子役なのにすでに10年以上の経験があれば、演技力が素晴らしいのも頷けますよね。

そもそも、いい評価が本当に多く、皆に期待されていることがひしひしと伝わってきます。

これだけ期待されている大西利空さんですので、「悪魔の弁護人」でも迫真の演技が楽しみですよね。

今後どれだけの成長を遂げ、どれだけ名演技を残していくのか、大西利空さんの活躍に注目ですね。

スポンサーリンク