「ダンまち」といえば熱い冒険譚もいいのですが、多くのかわいいキャラが登場しているのもポイントです。

ヘスティア様、アイズ、リリ、命、春姫などなど名前を挙げるときりがないほどです。それだけ魅力的なキャラが多いということなんですよね。

そんな魅力的なかわいいキャラ達の中でちょっと雰囲気が違うのがリュー・リオンです。

かわいいというよりもクールで美人なお姉さんといった感じです。

そこで今回はダンまちのヒロインの一人リュー・リオンについて、原作15巻までの情報をまとめてご紹介していきます。彼女が過去に所属していたファミリアやベル君への想いなど表情からは分からない魅力があるのです!

スポンサーリンク

【ダンまち】リューはベルを好きになる?

ネタバレになりますが、

結論から言いますと、リューさんはベルを好きになります。

そりゃもう、これ以上ないくらいポンコツになります!

原作15巻でのリューのポンコツっぷりにはほっこりしますよ。

と結論から申し上げましたが、ちゃんと時系列を追ってご紹介していきます。

最初の出会い、会話はベルと先に知り合っていたシルのために、弁当を届けることを伝える時でした。その時のリューさんは冷静で物腰の落ち着いた良きお姉さんといった感じです。もちろんベルに気があることころなんて微塵もありません。

そうです、最初のリューさんはベルに気がなかったのです。

まぁ当たり前ですよね、なんの特筆すべきもののないLv.1の冒険者に恋愛感情がいきなり出てくるはずもありません。

この時点では興味なしです。

そのあともベルのピンチにたびたび姿を現し助けてくれるリューさん、ベルがなくしたヘスティアナイフを見つけたり冒険の助言をしてくれたりとベルに協力してくれます。

そんなリューさなのですが、ベルを理解し興味が出てくる事件が起こります。原作5巻のストーリーであり、アニメ1期の最大の見どころ「ゴライアス」です。

この時リューさんはヘスティア・ファミリア救出作戦のメンバーとして参加します。救出作戦ではゴライアスにルミノス・ウィンドを放ったり、俊敏な動きで戦いを挑んでいました。

気になるのは戦闘の前のベルとの会話。

ベルにリューさんが自らの過去を話し、自分のことを「恥知らずで横暴なエルフ」と語った時にベルがリューさんに怒るのです。

「リューさん自分を貶めるようなことは言わないでください。僕も怒ります」

その時リューさんはこれまでにない笑顔で答えるのです。

あなたは尊敬に値するヒューマンだ

この時点では恋愛感情というよりも、ベルに対する見方が変り周りとは少し違うと感じ始めているところではないでしょうか。

そしてアポロン編では、新たに結成されたヘスティア・ファミリアの5人目のメンバーとして、助っ人としてウォーゲームに参加します。とはいえ、ここでの絡みはほとんどなくリューさんの大活躍が印象的です。二振りの魔剣を使うリューさんカッコイイです。

さて、そのリューさんですが、ベルたちが利用する酒場「豊穣の女主人」の給仕係をしていますが、実は凄腕のもと冒険者であるのがリュー・リオンの正体なのです。

この時もまだまだベルを意識してはいないと思います。

このあともちょいちょい出てきてベルたちを助けてくれるのですが、2人の関係が大きく変わったのが13巻、14巻での出来事になります。

この一連の出来事はアニメしか見ていない方にはネタバレになりますので割愛しますが、要は過去に縛られているリューさんが過去と向き合うことで仲間の意思を引き継ぎ、過去を整理することでベルに対しきちんと向き合うことができ、ベルのやさしさに触れることでポンコツになっていくのです。

・・・いや、原作はそのようなストーリーではないのですが、リューさんの心情を簡単に表すとこのような感じではないでしょうか。

死の淵でベルに寄り掛かり眠るリュー・・・2人が寄り添うシーンは急接近の名シーンですよ。

 

そしてポンコツになったリューさん、15巻ではめちゃくちゃな行動をとって笑かしてくれます。

ベルの顔を直視できないリューさん、いつの間にか「クラネルさん」から「ベル」と呼称が変わっているのがかわいいポイントです。

 

つまり、リューさんは長い時間をかけてベルを好きになっていくのです!

本当にポンコツになるくらいに!

アニメで13巻14巻を再現するにはまだまだ先のことになると思いますので、気になる方はダンまちのラノベが楽しめるU-NEXTをチェックしてみてください。
最新コミックも600円分無料で読める<U-NEXT>

無料期間もありアニメが見放題で、ダンまちを楽しめるコンテンツですのでおススメですよ!

スポンサーリンク

【ダンまち】リューのアストレア・ファミリアとは?

ダンまちの中でもなかなかの強さをほこるリュー・リオンですが、これまで彼女はどこのファミリアに所属していたのでしょうか。

アニメではほとんど語られず、その強さが謎ですよね。

原作ではすでにリュー・リオンの過去が明かされ、これまでのつらい過去が明かされています。

では、リュー・リオンのファミリアはどこなのか、それは今は存在しないファミリア、

アストレア・ファミリア

アストレア・ファミリは正義と秩序を司る女神アストレアが主神のファミリアで、迷宮探索を主にしていました。

現在はすでに消滅しているファミリアですが、それまでは悪が蔓延っていたオラリオの暗黒時代の平和を守るために戦っている、オラリオでも人気のあるファミリアだったのです。

団員は女性だけで11名。

その正義と秩序のアストレア・ファミリアにリューさんは所属していました。

・・・凄惨な事件が起こるまでは。

すでにアストレア・ファミリアが消滅しいることはお伝えしましたが、この消滅には大きなある事件がかかわっています。

事の発端はベルがオラリオに来る5年前に起こりました。

敵対しているルドラ・ファミリアは自分たちをダンジョンまで追跡してくるアストレア・ファミリアに罠をしかけます。ルドラ・ファミリアの罠はかなり大規模なもので凄まじい破壊を伴ってしまったのです。

そのダンジョンの破壊行為から生み出された、厄災のモンスター「ジャガーノート」。

ジャガーノートの強さはこれまでにないもので、アストレア・ファミリアのリューさんとルドラ・ファミリアのジュラ以外の皆が犠牲になるという悲惨な事態になってしまったのです。

汚い罠にはまり自分だけ生き残ったリューは、主神アステリアを説得しオラリオではない地で生存することに。

そして一人、リューは復讐のためルドラ・ファミリアを襲撃、壊滅に追い込むのです。

全てを失ったリュー、生きる希望もない絶望の中にいたのですが、そんな時に手を差し伸べてくれたのがシルだったのです。

シルと打ち解けることで次第に復讐から解放されていくのですが、亡くなった仲間の想いはいまだ悲しみにの中にあり、後悔はいまだにリューを縛っているのです。

そんな思いからかリューは18階層にアストレア・ファミリアの墓を作り、時を見て墓参りに行っています。アニメ1期でも触れられていたシーンです。

スポンサーリンク

【ダンまち】リューの仲間とは

ルドラ・ファミリアの罠にはまり、リュー以外の団員が亡くなったアストレア・ファミリアですが、リューはどのような仲間といたのでしょうか。

リューほどの実力がある冒険者がいるということは、団長や団員の強さも相当なものだったと思われますよね。

・アストレア・ファミリア団長/アリーゼ・ローヴェル

深層でベルをどうしても助けたいとリューが願ったアストレア・ファミリアの団長。滑らかな赤い髪をポニーテールにし緑の瞳をした明るく活発な少女。

リューをファミリアに誘った際に、リューという名前が言いにくいからとリオンと呼ぶことにした張本人。ゆえにリューはアストレア・ファミリアでは主神を除きリオンと呼ばれている。

・アストレア・ファミリア副団長/ゴジョウノ・輝夜

極東出身で自国の衣装を身にまとい、美しい黒髪にかんざしを差した美しい少女。その美しい見た目からはいわゆる「大和撫子」なのですが、とにかく口が悪いのです。しかも雑というか品がない行動をよくするので、高潔なエルフであるリューとはたびたびぶつかることも多々あったのです。

とはいえ自身のもつ正義の信念は太く強く、輝夜が体験した極東の戦争の体験から、リューの理想すぎる意見には真っ向から否定。リューを青二才と称しています。

深層で見せたリューの居合を教えたのも輝夜なのです。

・アストレア・ファミリア団員/ライラ、ノイン、ネーゼ、アスタ、リャーナ、セルティ、イスカ、マリュー

団員の中でもリューが尊敬し、相談相手にもなってくれていたのがライラです。ライラはリューの2つ上、桃色に染められたショートカットが似合うパルゥム。

ファミリアの中でも鋭い意見を発現することが多く、不真面目なように見えても核心を突いてくる意見はいつもリューをドキリとさせていました。

「なんでも覚えて、なんでも使え」

彼女の口癖をいつまでも覚えていたリューは、深層でのピンチにも屈することはなく行動できたのです。

 

アストレア・ファミリアの団員は皆、心にある正義は違うかもしれませんが、主神アストレアの掲げる正義と秩序のもとに集まっている、明るく素敵なメンバーだったのです。

その中で、ともに仲間として一緒に過ごしてきたリュー。

彼女たちの意思を引き継ぎ、自分の正義を見つめているのです。

スポンサーリンク

【ダンまち】リューのレベルが気になる!ステイタスを検証

ダンまち初期から活躍し、ベルたちのピンチを何度も助けてくれたリューさん。

一体どれほどの強さがあるのでしょうか?

ここではリューさんのレベル、ステイタスをご紹介します。

リュー・リオン ステイタス

冒険者LV.4

力:E 488
耐久:F 352
器用:A 888
俊敏:A 889
魔力:B 717
狩人:G
耐異常:G
魔防:I

魔法:ルミノス・ウィンド、ノア・ヒール

スキル:妖精星唄、精神装填、疾風奮迅

原作でもそうですが、素早い動きで攻撃を繰り出す素早さがステイタスに反映されています。

並列詠唱や混戦でも周りを冷静に判断できる能力はこのステイタスから裏付けられます。

アニメ1期で見せたゴライアスとの闘いは、原作を知らない方でもリューさんの強さを理解できる名場面です。

スポンサーリンク

【ダンまち】リューの声優はあのお姉さん!

ここまで、リューさんの謎について迫り、魅力をお伝えしてきましたが、アニメで声優を務めている方をご存じでしょうか。

リューさんのイメージにあった声色で楽しませてくれる声優、それは・・

早見沙織さんです!

透き通った声が特徴的な早見沙織さん。

これまでに多くのミステリアスなキャラや落ち着いたキャラを演じ、キャラにあった世界観を与えています。

もちろんダンまちで演じるリュー・リオンも最高にぴったりな役で、リューさんの素敵な魅力を引き出しています。

もはやリューさんは早見沙織さんしか考えられないのですよね。

アニメダンまち2期でのリューさん、早見沙織さんの活躍に期待です!

関連記事⇒ダンまち2期の情報はこちら!リアルタイムで視聴できない方にお勧めの方法とは?

【ダンまち】リューをとことん楽しむ外伝とは?

ダンまちは原作以外にも外伝と呼ばれる作品が何作かあり、その中の一つにリューさんを主人公にしたものがあります。

リューさんが主人公ということで、リューさんを中心に物語が展開されていきます。

ちなみにリュー外伝はラノベと漫画がありますが、どちらも内容は一緒。

ラノベは一冊にまとめられて読みやすいですし、漫画は小説で表現できない部分を補っていますので読みやすいです。

リューさんに注目した作品「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているのだろうか ファミリアクロニクル エピソード・リュー」の内容ですが、リューの周りでおこるトラブル、かつて所属していたアストレア・ファミリアの正義の名のもとにリューは調査に赴きます。

リューの意外な一面、豊穣の女主人の仲間、シルによって心を取り戻していくリュー。

リューをもっと楽しみたい方にはおススメの作品です。

ちなみに原作15巻でもリューさんの意外な一面、ポンコツっぷりを楽しめます!

本当にリューさんが好きであれば全部チェックしたいですね(*’ω’*)

まとめ

今回はダンまちの遅れてきたヒロイン・リューさんについてとことん見てきました。

少しくらい影があり、謎めいた彼女でしたが、物語が進むにつれリューさんの過酷な過去が明らかになり、これまでの態度や行動の意味が分かるようになりましたね。

さらに窮地でベルと親交を深め、ダンまち内でもダントツのヒロインになりました!

これまでのリューさんの行動からは、決して想像できないポンコツっぷりは本当にほっこりします。

とはいえ、ダンまちのヒロインは飽和状態、ヘスティア様やアイズなど強敵がひしめいていますので、今後の展開は気が抜けません。

リューさんは真のヒロインの座を獲得できるのか?

今後のダンまちの見どころの一つになりましたね。

 

スポンサーリンク