朝ドラ「なつぞら」への出演が話題となり、今まで以上に人気沸騰している俳優・山田裕貴さん。

これまで多くの人気ドラマや映画に出演していて、素晴らしい演技を披露し注目される俳優です。

そんな実力も人気もある山田裕貴さんですが、何やら高校時代にヤンキーだったとの噂があります。しかもその噂から「性格が悪い」「近づくのも怖い」など言われる始末。

そこで今回は日本を代表する俳優になると思われる山田裕貴さんの高校時代についてスキまっくす見ていきます!果たして山田裕貴さん本当にヤンキーなのでしょうか・・・。

スポンサーリンク

山田裕貴の学歴や高校時代は?


山田裕貴さんはこれまで多くの話題作で活躍していて、様々な経験から役者として演技に深みが増してきていますよね。これからの活躍が非常に楽しみなのですが、どのような経歴で俳優を志すようになったのでしょうか。

これまでの活躍を見ていると、高校時代などに培われた資質が気になります。

まずは山田裕貴さんの学歴についてご紹介していきます。

高校時代にヤンキーだったとの噂もありますので、しっかりと見てきましょう。

山田裕貴さんは愛知県名古屋市出身で生粋の名古屋人です。名古屋で育ったという事で出身小学校や中学校も名古屋市内になると思いますが、残念ながら詳しい情報はありませんでした。

出身小学校や中学校は分かりませんでしたが、山田裕貴さん小学校のころから野球を頑張っていたそうで、子供のころの夢はプロ野球選手との事。

そんな山田裕貴さんの大きな夢の先には、父で元プロ野球選手の山田和利さんがいたそうです。

参考記事⇒山田裕貴の父はプロ野球選手の山田和利!山田裕貴が始球式で見せた涙の訳とは・・。

偉大な父の背中を追い、自分の夢となる野球は山田裕貴さんの子供のころのすべてだったと思います。

小さなころから野球でプロになることを目標に頑張ってきた山田裕貴さんは東邦高校へと進学します。

東邦高校は野球の名門校で甲子園への出場が多く、何度も甲子園への出場を果たしていて、幾度も優勝の栄光に輝いています。

父の背中を追い、夢に向かって突き進んできた山田裕貴さんですが、なんと高校時代に野球を辞めてしまいます。

山田裕貴が野球を辞めた理由は?


高校まで野球選手になる夢を追い続けてきた山田裕貴さんですが、せっかく入学した野球の名門校・東邦高校へ入学したにも関わらず、野球を辞めてしまいます。

長年の夢をこれからという時にあきらめるという事は、相当な理由があると思います。実際に山田裕貴さんの野球に関するツイートを見るとその思いが伝わってきます。

何故、山田裕貴さんが高校で野球を辞めてしまったのか、その理由ですが、

「才能に限界を感じた」

シンプルでありながら、それでいて納得せざるを得ない理由です。

野球の名門校・東邦高校でプロ野球選手を目指すライバルたちの気迫に負けてしまったのでしょうか。

高校まで頑張って続けてきた野球を辞めるというのは、夢をあきらめることですよね。

父の背中を追い、夢に向かって頑張っていたにも関わらず、それでも夢をあきらめるというのは、それほど東邦高校のレベルが高かったという事だと思います。夢をみるまでもなく、現実の実力差に冷めてしまったのかもしれません。

夢半ばで心折れた山田裕貴さんですが、高校時代に野球を辞めるという事はヤンキーへの伏線に思えませんか?

まさか本当に山田裕貴さんは高校時代にヤンキーなのでしょうか。

スポンサーリンク

山田裕貴は高校時代にヤンキー?

高校時代に野球を辞めた山田裕貴さん、このまま何もせずヤンキーへの道を進んでしまうのでしょうか。

安心して下さい!山田裕貴さんヤンキーではなくバレーボールでさわやかな汗を流していたそうです!


高校時代の山田裕貴さん(左側)ですが、少しチャラい感じがありますがカッコいいですよね。

イケメン高校生といった印象があります。この写真からはまるでヤンキーを感じることはできませんよね。

しかし、なぜに山田裕貴さんはヤンキーとの噂が出たのでしょうか。

それは映画「デメキン」に原因があったのです。

この「デメキン」という映画、漫才コンビバッドボーイズの佐田正樹さんの半生を描いた自伝的映画です。佐田正樹さんといえば元暴走族の総長で、当時の福岡でその名を知ないものはいないほどの問題児だったとの事。

そんなヤンキーの中のヤンキー佐田正樹さん自身を描いた映画「デメキン」に出演しているため、山田裕貴さんはヤンキーだったのではないかと噂になってしまったようです。

しかも作中山田裕貴さんはなかなかのヤンキーぶりを発揮!リーゼントで決めた髪型は最強の相棒にふさわしい威圧感がります!

確かに、この姿の山田裕貴さんを見てしまうと、高校時代もヤンキーだったのではないかと思ってしまいますよね。

映画での役とはいえ、迫力のあるヤンキー姿の山田裕貴さんでした。

スポンサーリンク

山田裕貴は高校時代に俳優を目指す?デビューのきっかけは?


高校で野球を辞めてしまい、明確な目標が定まっていなかった山田裕貴さん、一時は大学受験も視野に入れていたそうです。

そんな時、自分の通っている高校が甲子園に出場してスタンドでの応援の時に野球を辞めたことをすごく後悔したそうです。

「なぜ、野球を辞めてしまったのか」

その時の気持ちは山田裕貴さんの心に深く刺さり、次に熱くなることができるもに出会えたら辞めることなく続けようと誓ったそうです。

そんな風に新たな気持ちで目標を探している時に、妹が手渡してくれたワタナベエンターテインメントカレッジの応募用紙が山田裕貴さんの運命を決めたのです!

山田裕貴さんは元来テレビ好きで芸能界にも興味があったそうで、妹が渡したワタナベエンターテインメントカレッジの応募用紙は野球に代わる熱くなる目標になったそうですよ。

高校時代に俳優になるという目標を決めた山田裕貴さんは大学進学を辞め、高校卒業後ワタナベエンターテインメントカレッジへ入学します。

ワタナベエンターテインメントカレッジでは「D-BOYSスペシャルオーディション」に出場するものの、グランプリ獲得とはいきませんでした。しかし、オーディションでは新たに「D-BOYS部門」が作られグランプリを受賞します。メインのオーディションでグランプリは獲得できないかったものの、山田裕貴さんの魅力が新規部門のグランプリ獲得につながったのではないかと思います。

その後2011年に俳優デビューを果たし、戦隊ヒーローからヤンキー、刑事に武士と様々な役柄を見事に演じています。

どのような役でも見事に熟す姿はカメレオン俳優と呼ぶに値する活躍ぶりですね。

今後も山田裕貴さんの活躍には要チェックです!

スポンサーリンク

まとめ

今回は山田裕貴さんの高校時代について見てきました。

一部ではヤンキーだったのではないかという噂もありましたが、映画「デメキン」の役柄が印象的だったことの名残で噂が立っていたようです。かなりハマリ役でしたので、高校時代にヤンキーだったと勘違いしてしまうかもしれません。

高校時代には中学まで続けていた野球を辞めてしまい、父と同じプロ野球選手になることは出来ませんでしたが、結果的に俳優としてプロになることができました。

そう考えると、今の活躍は野球を続けていたらありえませんよね。

人生の岐路に立っていた山田裕貴さんへ、ワタナベエンターテインメントカレッジの応募用紙を渡した妹の先見性はすごいと思います!

山田裕貴さんの活躍には妹ありですね(*’ω’*)

様々な役柄で活躍している山田裕貴さん、今後もさらなる活躍が期待されますので大注目です!

さらに大きな舞台で活躍していただくために、山田裕貴さんを応援していきましょう!

 

スポンサーリンク